iphone6の新機能 ここが違う 大画面 薄型 光学式手ぶれ補正 バッテリー長持ち

ついにiPhone6の公式発表ですね。

ちょっとtwitterをのぞいてみると、iPhone6の話題で持ちきりです。

iPhone6は5Sよりでかくなった!というツイートが多く見受けられました。

ディスプレイが大型化 解像度も向上 フルHD

出典: iPhone 6/6 Plusは5s/5cからどう変わった? – ITmedia ニュース

iPhone6・iPhonePlusは、共に5Sの4インチから拡大

解像度も、6が1,334×750ピクセル

6PlusがフルHD1980×1080と

5Sと比較して向上していますね。

精細度は6Plusのみ401ppiと高精細化していますが

6は5Sと変わらないみたいですね。

あとはコントラスト比が大幅にアップしている模様。

大型化したのに薄くなったiPhone6

ディスプレイが大型になったが肉厚は薄くなった。

重さも変わっているようですね。

光学式手ぶれ補正機能搭載

iPhone6/6plusでは、「Focus Pixels」の採用でオートフォーカス

が早く正確になっています。

色表現が多彩で正確という「truetoneフラッシュ」や

サファイアガラス製レンズカバー・5枚構成F2.2レンズなどは5Sと変わらない。

最大の特徴は、やはり6Plusの「光学式手ぶれ補正」ですね。

画素数

カメラは120万画素で変わらないが、レンズの明るさが変更され

一秒間に十枚撮影可能なバーストモードが加わりました。

バーストモードいらないですね。使うときないですね。

バッテリー持続時間の強化

通話時間が、5S・5の最大10時間から、6で最大14時間

6Plusでは最大24時間と拡大している。

6Plusのバッテリー持続時間が大きく性能アップした模様ですが

この辺りは人柱様のツイート待ちですね。様子見です。

内臓プロセッサ

6/6Plusのプロセッサは、最新の「A8」となり

5Sの「A7」から処理性能がアップ

内臓プロセッサの性能アップは地味に嬉しいですね。

内臓のビデオエンコーダと画像信号プロセッサにより

カメラが高性能化しています。

128ギガバイトモデルの登場

内臓ストレージごとのラインアップは

16G・64G・128Gの三種

国内では、ドコモ・AU・ソフバンが販売。

iPhone6スペックまとめ

OS:iOS8.0
ディスプレイ:4.7インチ 1334×750 Retina 326ppi

CPU:A8 64bit デュアルコア

メモリ:不明

ストレージ:16GB/64GB/128GB

背面カメラ:800万画素、F値2.2 FullHD60fps動画撮影対応、True Toneフラッシュ

前面カメラ:120万画素、F値2.2 HD動画撮影対応

バッテリー:連続通話時間14時間

カラー:ゴールド/シルバー/スペースグレイ

ネットワーク:LTE/VoLte、Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.0、NFC

センサー:気圧計、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、Touch ID

サイズ:138.1mm×67mm×6.9mm

重量:129g

iPhone6Plusスペックまとめ

OS:iOS8.0

ディスプレイ:5.5インチ 1920×1080 Retina 401ppi

CPU:A8 64bit デュアルコア

メモリ:不明

ストレージ:16GB/64GB/128GB

背面カメラ:800万画素 F値2.2、FullHD60fps動画撮影対応、True Toneフラッシュ、光学手ブレ補正搭載

前面カメラ:120万画素、F値2.2 HD動画撮影対応

バッテリー:連続通話時間24時間

カラー:ゴールド/シルバー/スペースグレイ

ネットワーク:LTE/VoLte、Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.0、NFC

センサー:気圧計、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、Touch ID

サイズ:158.1mm×77.8mm×7.1mm

重量:172g

IOS

IOS8は9月17日に正式リリースですね。

iPhone4Sとかでくすぶっている人は

アップデートには注意したほうがいいですよ。

重くなるだけだと思います。

5Sの人は黙ってアップデートでいいかもね。

どちらにしても、アップデートは人柱の報告を待ったほうが賢いです。

人柱さんが、アップデートのどこがおかしいか逐一報告してくれます。

報告後、「アップデートするかしないか」の判断をしても遅くないですね。