どん底マクドナルド 悪循環と欠如する危機意識 経営陣に疑問の声

2016年3月4日

日本マクドナルドが悪循環にはまり込んでいる。

via:悪循環にはまり込んだマクドナルド、欠如する危機意識 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

売り上げが日々減少する中

7月下旬にチキンナゲットを調達していた中國・上海で期限切れ鶏肉を使っていた

問題が発生。

更に追い打ちをかけるように8月には料金の過剰徴収問題も発生。

このようなマクドナルドにとって悪夢が続く中

8月の既存店売上高は去年の8月と比較して25.7%減少。

マクドナルドではリストラもあるのではないかと

かつての”デフレの勝ち組”の姿は崩れさりました。

マクドナルド本部の焦り

料金の過剰徴収は、全国のマクドナルド3150店舗の約8割にあたる2583店で発生、

総件数は1万391件だった。

過剰徴収の総額は約73万円と大きくはないが、期限切れ鶏肉使用問題で客離れを起こす中、さらなるイメージダウンを招いた。

via:悪循環にはまり込んだマクドナルド、欠如する危機意識 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

打つ手打つ手が裏目に出ているマクドナルド。

どうやらマクドナルド本部に相当の焦りが見えているみたいです。

そして現在の経営陣に問題があるのではないか。

というのが現在の外食産業界の認識だそうです。

期限切れ鶏肉の問題が発覚してから、社長が会見するまで一週間かかった

ある大手外食産業CEOは

「食品の安全問題が起きたら、社長が出てまず詫びるの当然

それが社長の最も大きな役割。マクドナルドは遅かった。」と

マクドナルド本部の対応に疑問の輪が広がっています。

マクドナルドはもうだめかもしれんね。twitterの反応は

なんかまだまだ話題にはなっているみたいですね。

マクドナルドに代わるファーストフード店が大当たりして

マクドナルドの事なんか誰も忘れてしまった。

その時がマクドナルドの本当の終わりですね。

まだまだ持ちこたえると思いますが

安かろう悪かろうから、高いのに悪かろうというイメージ

この企業イメージをひっくり返すのはまずムリでしょうね。

カサノバ社長がなにしてもムリでしょう。

マクドナルドに取って代わるファーストフード店の進出が

目に見えますね。