神田昌典さん監修「フォトリーディング」VS園善博さん監修「魔法の速習法」

2014年10月24日

フォトリーディングについて

十年ぐらい前でしょうか

フォトリーディングっていう読書テクニックが流行したんですね

フォトリーディングとは、速読技術のことで
パラパラパラって本をめくって、ハイ読んだー スラスラ読めたー っていう
そんな雰囲気の読書技術のことです。

怪しい?フォトリーディング

フォトリーディングという速読技術の目的は速く読むことでした。

とりあえずパラパラ読みをして右脳?に情報をたたきこめと。

当時、フォトリーディングの本を買って
実際にフォトリーディング速読をしてみました。

あんまり本読んだ感じしなかったんですね。

自分のあたまが悪いんだろうな。
フォトリーディングできないのは自分に原因があるに違いない。うんきっとそうだ
フォトリーディング講習にいって稽古したらできるようになる

と思ってました。

フォトリーディングの本 売れまくってましたね

監修は神田昌典さん

神田昌典さんのオーディオブックを上司からもらったことがあるんですが、
自分の専門分野でもない分野で、ドキドキしながらコンサルティングしてたと、本人が
言ってました。

フォトリーディング大丈夫か?って思いはじめました。

高いお金を払い、フォトリーディング講習に参加して
元フォトリーディング講師にくわしい話を聞いたっていう名無しさんが
匿名掲示板で、フォトリーディングを講習を受けても実際に出来る人はとても少ない
って言ってました。

でも、当時人気あったんですね。フォトリーディング

フォトリーディング講習にたくさんの著名人が参加してたんですね。

「カツマー」で有名な勝間和代さんもそのひとりだったそうです。

園さんの魔法の速習法

頭がよくなる魔法の速習法
頭がよくなる魔法の速習法

勝間和代さんはフォトリーディングの講習にいったんですね。

そのときのフォトリーディングの講師が園善博さんです。
非常にわかりやすいと。
園さんの講習はわかりやすいと当時から評判だったらしいです。

その園善博さんがフォトリーディングから独立して、自分流の理論を確立し
脳科学と心理学をベースに開発?したのが、「速習法」だそうです。

園さんは、先天的に字を読めない子供だったらしいのですが、フォトリーディングと
出会ってから、本を読めるようになり、読書嫌いを克服でき
その結果、フォトリーディングのカリスマインストラクターまでなった人です。

速習法にはDVDもあるんです。本より先にDVDを見ました

DVDは長いですが、腑に落ちることが多くて DVDを見たあとに、本を読むと おおおおお!?なるほどねぇえ っと納得できたことが多かった。

DVDの大脳生理学の実験のはなしなど、実際にやってみて、「おおおお」って納得いく
ことが多かったです。

速習法はじわぁっと頭脳にしみ込む感じ

園さんは言ってます。

文字を速く読むのではなく、本を理解するのだと。

読了後、どのようにその知識を使うかが一番大事で、一年に何冊読んだかとかは頭に残ってないと 意味ないと。

じわーってしみこんでくるかんじ

このあたり フィーリングなんですよね

DVD見たらわかるんですけど、読んでるとじわーってわかる感じ 
ただ文字を追ってるだけじゃない感じ、

これたのしいかもって思いましたねぇ

だけど・・・・ 速習法って、慣れないうちは面倒なんですよね

慣れると早いらしいんですが
本を読む目的を決めて、その本を読んだらどんなええことがあるか想像して
テンションを上げてキーワード決めて、本をぱらぱら読みして
目次を大きいセクションから読んで、メモって
目次に書いてあるのはどのようなことだろうって推測して 
そういう風に準備して本を読むと、じわーってわかるようになりました。

練習してください

園さんは、「練習してくださいと。
いきなりスラスラ読める人もおるし、
じっくり練習して 読めるようになる人もおる」と。 DVDで言ってます

工作員の巣窟であるアマゾンレビューも読んでみました。

魔法でもなんでもなかった。つまらない。僕は当たり前にやってることだと。

このレビューいいなぁって思いました。

速習法って読むの早いひとが無意識的にやってることを、意識的にやってる
それだけのことかもしれません。

魔法なんてないんですよね。

魔法の速習法のDVDと本は
本を読むのは速くはならなかったけど、わかるって楽しいっておもえる
たのしいツールでした。

DVDがあると理解しやすく、腑に落ちました。